アンダーヘア脱毛ガイド|自宅でセルフ脱毛処理はできる?

メインイメージ

みんなはどうしてる?アンダーヘアの脱毛処理事情


セレブ愛用で話題になったブラジリアンワックスやサロンのVIO脱毛など、近年当たり前になりつつあるアンダーヘアのお手入れ。でも、アンダーヘアって本当に処理する必要があるの?一般人には関係ないんじゃないの?と思っている方も多いはず。そこで、本当にみんなちゃんとお手入れしているのか調査してみました!


アンダーヘアは処理してる?20代~30代の女性に聞いてみました!

処理している派の意見は?

アンダーヘアの処理は数年前からしています。
最初はムダ毛をなくしたいのが理由でしたが、思っていた以上にメリットが多いです。 デリケートゾーンの体臭が軽減しましたし、ムダ毛がなくなったことで自信を持てるようになりました。今まで彼氏に見られることに抵抗がありましたが、今では積極的に自分から誘えるほどになりました。美意識を高めるためには、スキンケアを徹底するよりもムダ毛処理が先だと思います。パートナーには隠せない部位なので、絶対に脱毛しておくべきです。
(31歳:会社員)

アンダーヘアの処理は絶対した方がいいです!
最初は否定的でも、1回でも脱毛をするとメリットがわかって次回からも処理するようになります。実感できるメリットはツルツルになって美意識が高まること、パートナーの視線が気にならないこと、蒸れを解消できることなどです。かなり快適なので、アンダーヘアの脱毛は絶対に行っておくべきです。夏場ならビキニを着用したり、服装の自由度が広がるのも嬉しいです。
(21歳:学生)

この間ついにつるつるにしてみました。
アンダーヘアの処理について、これまで真剣に考えたことはありませんでした。普段絶対人目につかない部位なので、ついお手入れが後回しになりがちですし、デリケートなゾーンなので処理もどれくらいしていいのか分かりませんでした。でも、アンダーヘアのお手入れをしっかりしていると、水着姿になったときに非常に自信が持てます。仲の良い友人がお手入れをしっかりしている人だったので、アドバイスを参考にしっかりと行っています。
(28歳:主婦)

未処理派の意見は?

肌が荒れて断念しました
アンダーヘアの処理を試みましたが、お肌が荒れたのですぐにやめました。デリケートな部位だけあり、他の部位のように簡単にはいかないようです。デリケートゾーンと顔だけは、プロに依頼しないとダメだと思いました。アンダーヘアは毛抜きで抜くのは無理がありますし、カミソリで処理しても肌荒れが起きてしまいます。ワックスやジェルを使用したときも同様でした。 本格的に脱毛をするためには、脱毛サロンやクリニックに行くしかないのでしょうか。
(25歳:会社員)

痛いのでもうしていません
以前一度アンダーヘアの処理をしたいと思いましたが、とにかく痛くて自己処理が大変と聞いてやめました。足や腕などはワックスで脱毛していますし、痛みにも慣れていますが、アンダーヘアの痛さは全身の部位の中で一番だと思います。ムダ毛が生えているとパートナーに見られるのも恥ずかしいですが、自分で行うのは無理と思って挑戦してません。
(34歳:主婦)


なんと、5人中3人の女性がアンダーヘアの日常的にお手入れしているという結果に。見た目だけではなく、その快適さが魅力のようです。見えない部分も女性の品格がでる、なんて言われるとボサボサの自分が恥ずかしくなりそう…。確かに温泉などに行ってみても、若い女性はみんな結構キレイにしていますよね。アンダーヘアのお手入れはすっかり普通の女の子たちにも浸透してきているようです。

アンダーヘア、どう思う?男性の意見も聞いてみました


でも、アンダーヘアのお手入れってなんだか男性にイヤがられそう…というお悩みも。ぶっちゃけ、男性は女性のアンダーヘアをどう思っているのか!?ホンネのところを突撃アンケートしてみました。



男性から見た印象は?

海外ではアンダーヘアの処理が当たり前だそうです。
日本はデリケートゾーンの処理をしていない方が多いそうですが、男性の意見としては脱毛して欲しいと思います。ツルツル状態だと清潔に見えますし、実際に手入れがしっかりしていると臭わないです。ムダ毛が多い状態は確実に蒸れやすいので、夏場は彼女が自覚していなくても臭うものです。下着からムダ毛がはみ出ている状態もだらしなく見えてしまいます。僕もそうですが、ほとんどの男性はアンダーヘアの脱毛をして欲しいと思っているはずです。
(29歳:会社員)

清潔感があっていいと思います
私はアンダーヘアを手入れしている事はとても良いことだと思います。アンダーヘアというと、デリケートなところでもあるので、自己処理となると大変そうだなという印象はあります。ですが、もじゃもじゃで下着からはみ出ていたり、長いままで処理していないと、不潔な印象を抱いてしまいます。逆に、完全にツルツルとまではいかなくても、下着からはみ出ていなかったり、長さがのばしっぱなしの状態でなかったりと、ある程度綺麗に整えられている女性は、美意識があるのだなと好感が持てます。
(34歳:パティシエ)

それくらい美意識が高いと素直にすごいと思う
アンダーヘアがしっかりお手入れされていると、それだけ美意識が高いという現れだと思うので、とても好感がもてますし、処理を怠らないということは、それだけセルフケアに対する姿勢がきちんとしている事だと思います。なにも処理されていないのは一目で分かりますし、そういうのは正直なところイメージダウンなので、自分としてはきちんと整っている女性はステキだと思います。下着になっても美しいですし、画になるとおもいます。
(22歳:学生)


意外なことに、男性からの評価も上々。やっぱり女性には控えめで可愛らしいヘアでいて欲しいという願望があるようです。モジャモジャの爆発状態には、男性も思うところがあったようですね。ただし、キレイに整えるのは大歓迎だけど全てツルツルはちょっと…という方も。恋人がいる方は、それとなくカレに好みを聞き出してから処理を始めてみましょう。

アンダーヘアでお手入れするべき部位はどこ?

アンダーヘアといっても、毛が生えている部分は実はフクザツ。前から見える部分だけを処理してしまうと、毛が生えているところと生えていないところがクッキリして逆に不格好になってしまうことも。まずは、お手入れする場所をしっかり把握しておきましょう!

Vライン

基本的には太股の付け根近く、下着のラインの部分。前から見えるアンダーヘア全体を指す場合も。

Iライン

粘膜を避けた性器の両サイド。

Oライン

肛門まわり。こちらも粘膜付近は脱毛を避ける。



→詳しい解説はこちら!部位別のお手入れ方法をみる


整えるってどこまで!?形や長さはどうしたらいいの?

実は、アンダーヘアを処理する=全部ツルツルにするというわけではありません。さりげなく自然に整えるだけで、下着をスッキリ着こなせるなど嬉しい効果も。初めてでもチャレンジしやすい、人気の2タイプの形を紹介します。

ナチュラルな逆三角形型

下着からはみ出す部分をなくし、長さを整えて自然なアンダーヘアを演出。少し小さめにするとセクシーな下着の時にもはみ出しません。

可愛らしい印象のたまご型

かたちを逆三角ではなく、やわらかいたまご型に整えるタイプ。両サイドからいらない部分をしっかりなくしてかたちを作り、長さを整えます。あまり長いとおさまりが悪いので、短めに切るのがポイント。


→人気の形をもっと見る


「長さを整える」ってどのくらい?

初めてのお手入れで戸惑うのがこの「長さ」。長すぎては意味が無いし、短いと恥ずかしい…そんなアンダーヘアの長さですが、一般的に整える場合は大体2~3cmです。
その他、人気の形にはハート型や欧米で人気のワンフィンガーなど個性的なスタイルも。なれたらシーンに合わせて使い分ければオシャレ上級者に♪

ボディのムダ毛と違う!?アンダーヘアを処理する方法とケアアイテム

アンダーヘアはデリケートな部分だけに、ワキや手足のようにカミソリで剃るとトラブルが起きてしまう場合も。部位ごとに、使ってはいけないアイテムとオススメのアイテムを表にまとめてみました。

まとめ│自宅でするならこの3つ!

・ちょっと整えるくらい→ヒートカッター
▽ヒートカッターの特集をみる


・VIO全て処理したい!→ブラジリアンワックス
▽ブラジリアンワックスの特集をみる


・Vラインの毛が気になる→家庭用脱毛器
▽脱毛器の特集をみる

サロンやクリニックもいいけれど、まずはセルフ脱毛がオススメな理由

本当にキレイに脱毛しようと思ったら、サロンやクリニックなど脱毛のプロにお任せするのが一番。ですが、初めての方はまず自分でお手入れするのがオススメ。身体のムダ毛はなくても困りませんが、アンダーヘアはパートナーの好みなどによって思わぬ問題が起こることも。勢いで全部ツルツルにしたけど、温泉が恥ずかしい!将来子どもとお風呂に入る時どうしよう?などなど、後で後悔してしまうこともあります。
そして何より、VIOなどアンダーヘアの脱毛はどうしても恥じらいが伴うもの。そのため、まずはお手入れに慣れて、自分にぴったりのアンダーヘアのカタチを見つけてからプロにお任せすることをオススメしています。

サロン脱毛のメリット

自身でアンダーヘアの処理をしていると面倒に感じてしまいます。カミソリで処理をしてもすぐに生えてきますし、毛抜きで処理をするとブツブツになり、毛根に細菌が入って黒ずんでしまいます。ですから、このようなトラブルに悩まされず、アンダーヘアを処理できるのがサロンに通うメリットでもあります。また、最近はVIO脱毛のキャンペーンを実施しているサロンも多く、お得な料金でアンダーヘアの処理ができます。形をキレイに整えてくれるサロンも多いので、ハイレグショーツを履いても毛がはみ出ず、水着を着た時にも安心です。また、自己処理するよりもサロンの方が短時間で脱毛できる点、美肌効果も期待できるなどメリットが大きいといえます。

サロン脱毛のデメリット

アンダーヘアをサロンで脱毛する人もいますが、デメリットはサロンではパワーの低いマシンしか使うことができないので、効果が低く脱毛が完了するのに時間がかかることです。特にアンダーヘアは、他の部位に比べると時間がかかるので気をつけてください。他にもサロンでの脱は、医療行為ができないので、施術中に肌トラブルがおきてもすぐに治療ができないことです。

アンダーヘア脱毛のQ&A

◇Q.デリケートゾーンの脱毛は痛い?
→A.方法にもよるけれど、刺激はちょっと強め。

アンダーヘアの脱毛は基本的に痛みがあります。デリケートゾーンは体の中で一番敏感な場所なのですから、もし脱毛サロンが広告で、当店は痛みがありません、とうたっていても、多少は覚悟しておくべきです。ワックスをデリケートゾーンに塗り、アンダーヘアを一気に引きはがすブラジリアン式も、痛くないと言いますが、施術者の技術が低ければ当然痛みは発生します。一般的な脱毛サロンでは光やレーザーを使用していますが、こちらもデリケートゾーンにチクッとした痛さを感じる人が多いようです。もし痛いのはイヤだと思う場合は、自分でアンダーヘアをシェイバーで剃るしかありません。毛抜きで1本1本抜く方法もありますが、これも痛さを伴うのです。


Q.外国ではアンダーヘアの処理が当たり前なの?
→A.アメリカなど、多くの国ではアンダーヘアのケアは大事なエチケット。男女ともにツルツルなんてことも珍しくありません。

外国ではアンダーヘアの処理をするのは常識となっています。VIO脱毛のためのブラジリアンワックスも、外国では主流の脱毛方法です。特に欧米では、男性であってもプールやスポーツジムなどの公共の場に出るときの最低限のマナーとして定着しているようです。
日本では完全にツルツルにする人は少なく少し毛を残すようですが、外国では完全にツルツルにしてしまうのが普通であり、ドイツのサッカーチームに移籍した日本人選手も完全にアンダーヘアの処理をしているのは有名な話です。欧米では日本のようにウォシュレットがついているトイレがない場合もあり、しっかりと脱毛しておくことで排便した時に便で毛が汚れる心配もないので衛生的なので、医師の中にも提唱している人もいるようです。
日本でも脱毛サロンや美容クリニックで多く行われ人気が高いので、そのうち欧米と同じようにアンダーヘアの処理が当たり前の時代になるかもしれません。


Q.アンダーヘアを処理すると快適って本当?
→A.汗をかいても蒸れにくくなり、生理の時も清潔。何より、下着との摩擦のなさが爽快との声多数です。

アンダーヘアを処理することでの最大のメリットは清潔感が保てて快適だということです。特に、生理の時は経血で毛が汚れて不衛生になったり、蒸れて臭いが発生する原因になったりすることを気にしている女性も数多くいますが、アンダーヘアをムダ毛を処理することで生理の際の不快感が軽減し、いつでも清潔に、快適に過ごせます。また、アンダーヘアの処理をしておくと排便の際に毛が便で汚れる心配もなく、ウォシュレットのないトイレでも問題なく過ごせます。
その他、今まではムダ毛がはみ出すことを気にして選べなかった斬新なデザインの下着や水着も、気にすることなく楽しめるのもメリットの一つです。衛生的で快適なことだけでなく、おしゃれを気遣う女性にとってもアンダーヘアの処理はメリットがたくさんありますので、ぜひ一度処理してみてはいかがでしょうか。


当サイトでは意外と知らない、誰にも聞けないアンダーヘアの処理方法をわかりやすく解説!「デリケートゾーンをお手入れするのは初めて」「脱毛したいけどどうしたらいいかわからない」という方の疑問にずばっとお答えします。お悩み別の処理方法や、アンダーヘアのお手入れに必須の「脱毛」の仕方について基本から紹介。自宅でできる簡単なセルフ脱毛の方法や自己処理グッズを中心に、サロンやクリニックでのVIO脱毛との違いもしっかりレクチャー!これを読めばアンダーヘアでもう迷わない、カンペキガイドはこちら♪